[JP] Interview: Maki Starfield & Yesim Agaoglu about the book "扉の二重奏"


日本とトルコの共通の情熱である詩は、東西にある2つの文化を交差させます。そして2人が出版した共著本は、読者のための予期せぬ地への玄関口としての役割を果たしています。

最近、日英で出版された詩集「扉の二重奏」の著者である詩人YeşimAğaoğluと詩人・俳人であるアーティストMaki Starfieldのインタビューをする機会を得ました。

そして今、新しい本についてのインタビューを公表しています。


ÖzlemBurcu:まず、インタビューに応じてくださりありがとうございます。のリクエストを受け入れてくれてありがとうございます。あなたは、国内外の様々な詩祭に参加していますね。どのようにこのプロジェクトに参加することにしましたか?以前にマキと出会ったことがありますか?

YesimAgaoglu:こんにちは!この共著本を評価し、インタビューの機会をくださりありがとうございます。いいえ、わたしたちは決してあったこともないです。作家や芸術家の世界は、実世界のサイズに比べて非常に小さいです!マキがアイルランドの詩人とアメリカの詩人である2人の詩人と一緒にこのデュエット本プロジェクトを行ったと思います。とにかく、わたしを推薦したのは、アメリカの詩人、ウィリアム(ビル・ヴォラック)で、インドの詩祭で数年前に会った友人です。しかし、彼との再会を果たしていません。
テクノロジーに感謝しなければならないかどうか分かりませんが、そのおかげで異なる大陸や遠く離れた地から人々をつなげています。もちろん、このテクノロジーと同じくらい、詩や芸術の重要な役割もあります!わたしたちは、詩や芸術の言葉を用いて、政治とは独立しており、それ以上に、意味のあるつながりを確立することができます。
この共著本プロジェクトは将来のための非常に有望な方法であるため、私がその一部ではないとしても、このプロジェクトが好きになっただろうと思います。私は、マキがこのように世界中のさまざまな詩人とこのプロジェクトを実行していくことを知っています。彼女の大成功を願って・・・。わたしはラッキです。私はそのような意味のある始まりの一部なのです。

ÖzlemBurcu:あなたは、詩の中で人類、愛、孤独というテーマを使い、灰色の世界をうまく表現しようとしている詩人として記述されています。あなたがMakiと出版した本は「扉の二重奏」です。読者がこの本でどのようなテーマを期待できますか?あなたはこの本のためにどのように詩を選んだのですか?

YesimAgaoglu:非常に異なった豊かな内容の詩を書いています。内容、言語、イメージ、そしてスタイルを気にします。現実的ですが、シュールレアリスム的なものと考えることができる詩を書いています。通常、触れていること、わたしに影響を与えること、または考えさせられることについて書きます。ミューズを信じますが、このミューズはいろいろな方法で与えられるべきだと私は考えています。わたしの視点から見ると、これらはすべて他の芸術の枝、科学、人生そのものです。
この本のために、詩を選ぶ数に限りがあり、親愛なる友人NihalYeğinobalı、非常に貴重な翻訳者によって翻訳された英訳の詩から選びました。わたしの詩を愛し、気遣って翻訳をしてくれたことに対し、彼女に感謝しきれません。

ÖzlemBurcu:あなたは詩人だけでなく、プラスチックアートで作品を制作し、写真に興味を持っているアーティストです。この本では、撮影した写真を読者も見るでしょう。「すべての絵にはストーリーがある」と。この本の写真について教えてください。(撮影場所、どんな風に感じているのか・・・)

YesimAgaoglu:はい、あなたが言ったように、詩、文学、そして芸術に興味があります。全体的な視点からすべてを見ているように、同じように芸術を見ています!テクノロジーと政策スタイルは異なりますが、創造性の本出は常に同じです!何か語りたいことがあったり、分かち合いたい問題があったりするときは、より良い方法でそれを表現できると信じるなら、本能的にそれに集中します。時にそれは詩や物語かもしれませんし、時にアレンジ(インストール)、ビデオ、写真になることもあります。
表紙の写真と、この本のなかの写真の一部は、個人的なブログからMakiと編集者が選んだものです。これらは、本のタイトルに適した一連の写真です。また、長年にわたって撮った一連の写真だけでなく、個人的な写真を持っています。この本のために選ばれた写真は、様々な旅行中に撮られたもので、窓や出入口から撮影された「内から外へ」(içeridendışarısı)という一連の写真からのものです。

ÖzlemBurcuMakiの詩についてあなたはどう思います?

YesimAgaoglu:正直言うと、Makiの詩を読む前に共著本の話を受け入れました!なぜなら、アメリカの詩人であり大学の講師でもある共通の友人であるウィリアムは、それを勧めたからです。ウィリアムは共通の仕事を通して、友情を通してわたしの信頼を得ている人です。だから彼のアドバイスで、何も考えずにそれを受け入れました。そしてその後で彼女の詩を読んだとき、間違っていなかった、ことを知りました。

ÖzlemBurcu:今年のあなたの計画について教えてください。あなたの作品を国内外のフェスティバルや展覧会で見られますか?

YesimAgaoglu:芸術と文学の分野で絶えず活動している人です。これはいつもそうだったので自然なことです。しかし、残念なことに様々な理由から、その間に私の作品を十分に表現することはできません!それが確実になる前に計画を共有するのは好きではありませんが、もっともエキサイティングなことは画家のゴヤの作品に与えられた名前に触発されて、視覚的な形式の詩を展示することです。それ以外は、言ったように複数のことに取り組んでいます。集合的なものも含まれます。

ÖzlemBurcu:極東についての計画やパートナーシップはありますか?

YesimAgaoglu:いいえ、まだそのような計画はありませんが、条件が適切であり、本の宣伝に貢献するなら、行きたいと思います。Makiと直接対面して、不思議に思っている国や文化を知ることは素晴らしいことです。Makiも私たちの本とトルコのために同じことを望んでいると思っています。

ÖzlemBurcu:今後もYeşimAğaoğluMaki Starfieldの作品を再び見ることができますか?

YesimAgaoglu:もちろんよ!ちょうど新しい窓が開いた感じね。つまり、2人の始まりかもしれないわ・・・




ブルク:まず、インタビューに応じてくれてありがとうございます。あなたの詩集本は二国語で出版されていますね。トルコ人にはあまり見られないことです。多くのアーティストは翻訳作品はオリジナルとは違ったものになることを懸念しています。 作品が異文化に触れるという事実は、あなたにとってどういう意味がありますか?

マキ:私は、異なる言語、人種、歴史的背景を克服する国際的な詩人/芸術家になりたいと思っています。言語の不滅を信じて、人間性を回復したいしたいからです。

ブルク:本のタイトルは西洋と東洋の詩人による、響き合う詩的な対話『扉の二重奏』。すでに異文化の海外詩人と共著本を出していますが、トルコ詩人と共著本を書こうという考えはどこから来たのですか?

マキ:私が所属する国際詩人協会 JUNPAhttp://www.ama-hashi.com/default.html)の大きなプロジェクトの一つに加わることは使命の1つと考えています。トルコ詩人イエシムと共著本を出す前に、共通の友人であるアメリカの詩人ビル・ヴォラックと共著本を出版しました。彼は彼女とも共著本を出すことを強く勧めました。それが文化の地平線を広げると思いました。

ブルク:何世紀にもわたって、日本文化には詩に絵や写真が使われてきました。あなたの本には、イエシムさんが撮影した写真があります。この詩集本を完全にするものですね。 「扉の二重奏」の写真に感銘を受け、ずっと尋ねたいと思っていました。「扉」は何を象徴していますか?あなたの「扉」はどこにありますか?あなたの希望に?あなたが探していたものに対する答えに?あなたの恐怖に?なぜ、このタイトルを選んだのですか?

マキ: イエシムのサイトをチェックしたとき、彼女の写真が何てすばらしい、美しいのだろうかと思いました。特に扉の写真については!彼女の写真のタイトルと、私の詩の「運命の扉」(初共著詩集「点の二重奏」から)が結びつき、この本のタイトルのアイデアを得ました。二人の言葉の魂は共鳴する産物であり、東洋と西洋が融合する場のように1つの旋律になります。だからこそ、私はこのタイトルが好きなので、イメージするような新しいものを学ぶことを意味します。


ブルク:「扉の二重奏」では、他の本からの作品や新作詩や俳句が載せられています。この本のためにどうやってそれらの詩や俳句を選びましたか?

マキ:先ほど述べたように、最初に本のタイトルに関連する「運命の扉」 の詩は載せるべきだと思いました。それから、イエシムの音楽楽器のような詩の新しいスタイルに大きな影響を受けたので「 波」と「君はマンゴー」という2つの詩を他の本から選びました。同時に、波の音を聞きながら「海の声」など新しい詩をいくつか創作しました。端的な簡単な言葉で俳句のように聞こえるかもしれません。もっと多くの人に開かれた扉のように私の言葉を人に知ってもらうために、この本のために詩と俳句を選びました。その作品から、本当の自分たちであるために、自分自身を見つめる方法を示しています。

ブルク:今年のあなたのプロジェクトについて教えてください。国内外でプロジェクトは何ですか?

マキ:JUNPAのプロジェクトのために、インドの著名詩人であるDileep jhaveriによる「霧の二重奏」を作っています。さらに、世界の詩人との素晴らしい二重奏作品を今後も計画しています。また、私はルーマニアの国際フェスティバルに招待されるなど、このような素晴らしい世界イベントに参加していきたいです。私の大きなプロジェクトの一つは、より多くの人々に言葉の力を認識させるために、東西の間に俳句の新しい動きを創ることです。旅行をたくさんして、偉大なアーティストに会いたいと思っています。また、近い将来、俳句/日本文化を教えたいです。

ブルク:イエシムさんの詩についてどう思いますか?

マキ:彼女は非常に才能があり、素敵な言葉を選ぶ魔術師であると感じます。彼女の詩が好きです。「眠っている詩人」という詩を読んだとき、詩人であるという私の想像が、宇宙や無意識の世界に突然拡がりました。それが日本の文化の精神である禅のようだと感じました。詩を書く新しいスタイルを持つ彼女の言葉の中に、始まりと終わり、あるいは継続を感じます。

ブルク:私たちは二人の共同作品を今後も見られますか。

マキ:はい。正直なところ、ライブでパフォーマンスするために新しいコラボレーション詩や作品を制作したり、イベントを開催したりなど、再び彼女と一緒に仕事をしたいと思います。多くの観客を魅了するような演奏を含む朗読会やイベントやワークショップのコラボレーションを行いたいです。



私たちをつなぐ出入り口。生活の中と外の通路だ。出入り口は、内面から外面への通路を作り出す。人目を避けて家に引きこもるか、社会に接触する場所からぼやけた空間である。開いている入り口は、家と近所、人工物と自然、建築と風景との交流を受け入れるのだ。

異文化間のプロジェクトでは、常に新しいものや予期せぬものを見つけ出す限界に常に直面している。したがって、JUMPAシリーズの詩的な対話本は、言語と文化と伝統の交流が可能な門戸を提供するよりも、1冊の本のなかに東洋と西洋の詩人を結びつけるということを象徴しているわけではない。


イェシム・アガオルとマキ・スターフィールドの二重奏は、鋭く洞察力のある作品を生み出す。扉の画像を使い、2人の詩人は欲望、喜び、発見に満ちた不思議な世界へ交わるきっかけを読者に与えている。


ビル・ヴォラック(『蛍の二重奏』共著者)






 ルはル生  ル大学術学部
館の  出版詩集は多の言語翻訳  彼女は国文学やの祭典参加国際的現代的

yesimpoetry.blogspot.com
yesimart. blogspot.com




俳人訳家20
学大米文課程国際科大学修了年夏 St.George International College TESOL 11出版新句集出版2012ロン季語在日読会は独 Vol40国際 詩人協会会員同人誌蒼穹同人会員会員2015二重共著2016の二共著2017晶の重奏共著三重奏
共著同年蛍の二重奏ォラ共著
国際雑誌詩の架天橋 JUNPA BOOKS 編集
朗読参加
ーデ in kyoto (2016, 2018) JUNPA周年記念国際詩祭2017) https://immaginepoesia.jimdo.com/
https://makistarfield.wordpress.com/
cherry blossom vector copyright: Designed by Freepik

My Instagram

Rakuten Kobo U.S
Copyright © Ö.Burcu Öztürk. Made with by OddThemes